めざせ!1級電気工事施工管理技士

1級・2級電気工事施工管理技士を目指す方の応援サイト

電気工事施工管理技士ライン
電気工事施工管理技士下ライン

1級・2級電気工事施工管理技士の違い

1級電気工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士では試験の難度以上に価値に差があると言うのが正直な感想です。

比較項目
1級電気工事
施工管理技士
2級電気工事
施工管理技士
一般建設業の営業所毎に置く専任技術者
現場毎に置く主任技術者
特定建設業の営業所毎に置く専任技術者
×
監理技術者となる資格
×

監理技術者とは、建設業法の規定によって、発注者から直接請け負い、下請金額が4000万円(建築一式工事の場合は6000万円)以上となる現場に配置しなければならない技術者です。
1級電気工事施工管理技士の方が、大きな工事現場の受け持ちが出来ます。
上位の表の通り、1級電気工事施工管理技士の方が、建設業者としての評価点が高くなります。
1級電気工事施工管理技士の受験資格さえあれば、2級電気工事施工管理技士をバイパスして1級電気工事施工管理技士が狙えます。

スポンサード リンク
電気工事施工管理技士ライン
Copyright(C) 2012-2017 めざせ!1級電気工事施工管理技士 All Rights Reserved.