めざせ!1級電気工事施工管理技士

1級・2級電気工事施工管理技士を目指す方の応援サイト

電気工事施工管理技士ライン
電気工事施工管理技士下ライン

1級・2級電気工事施工管理技士受験資格

1級電気工事施工管理技士の受験資格は、下表の通りとなります。
実務経験年数には、「指導監督的実務経験」を1年以上含むことが必要とされています。
指導監督的実務経験とは、現場代理人、主任技術者などの立場で、部下・下請けに対して工事の技術面を総合的に指導監督した経験と定義されています。
実務経験年数が足りていて、「指導監督的実務経験」が1年以上以上あれば1級電気工事施工管理技士の受験が可能です。

専任の監理技術者の配置が必要な工事で監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を積んでいる場合、受検に必要な実務経験が2年短縮されます。
1級試験受検に必要な実務経験
区分 平成25年度まで 平成26年度より
2級合格者 2級合格後5年 2級合格後3年
高校指定学科卒業 卒業後10年 卒業後8年


学歴又は資格
実務経験年数
指定学科
指定学科以外
大学
卒業後3年以上
卒業後4年6月以上
短期大学又は
5年制高等専門学校
卒業後5年以上
卒業後7年6月以上
高等学校
卒業後10年以上
卒業後11年6月以上
その他
15年以上
2級電気工事施工管理技術検定
合格証明書の交付を受けた者
合格後5年以上
2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満で右の学歴の者
短期大学又は
5年制高等
専門学校
(イの区分で見て下さい)
卒業後9年以上
高等学校
卒業後9年以上
卒業後10年6月以上
その他
14年以上
電気事業法による第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状
の交付を受けた者
6年以上
(交付後ではなく通算の実務経験年数)
電気工事士法による第一種電気
工事士免状の交付を受けた者
実務経験年数は問いません

(上記表の内容は一般財団法人 建設業振興基金殿サイトの一部を引用)


2級電気工事施工管理技士の学科・実地同時受験資格は、下表の通りとなります。
2級の場合は、実務経験年数に「指導監督的実務経験」が必要ありません。
実務経験年数が1級受験に満たない場合や、「指導監督的実務経験」が1年未満の場合は、2級電気工事施工管理技士から受験です。
管理人は、1級受験に必要な実務経験はありましたが「指導監督的実務経験」がなかったために、2級から受験しました。

平成26年度から2級電気工事施工管理技術検定試験の受検資格が一部変更になります。
「学科試験のみ受験」の区分での学科合格者の学科免除について(学科合格の有効期限)
「高校」「短大・5年制高専」で学科試験を合格した方の学科合格の有効期限に関する内容です。


学歴又は資格
実務経験年数
指定学科
指定学科以外
大学
卒業後1年以上
卒業後1年6ヶ月以上
短期大学又は
5年制高等専門学校
卒業後2年以上
卒業後3年以上
高等学校
卒業後3年以上
卒業後4年6ヶ月以上
その他(最終学歴を問わず)
8年以上
電気事業法による第一種、第二種
又は、第三種電気主任技術者免状
の交付を受けた者
1年以上
(交付後ではなく通算の実務経験年数)
電気工事士法による第一種電気
工事士免状の交付を受けた者
実務経験年数は問いません
電気工事士法による第二種電気工事士免状の交付を受けた者(旧・電気工事士を含む)
1年以上
(交付後ではなく、
通算の実務経験年数として)

(上記表の内容は一般財団法人 建設業振興基金殿サイトの一部を引用)

スポンサード リンク
電気工事施工管理技士ライン
Copyright(C) 2012-2017 めざせ!1級電気工事施工管理技士 All Rights Reserved.